8.ギャンブル依存症

ギャンブル 

■ギャンブル的投資にハマる心理的段階 

 

「ギャンブル依存症」(Gambling addiction)とまでいかなくても、一般投資家にとっても同じような心理で「ギャンブル的投資」にハマってしまうことがありえます。そのパターンは、行動経済学的に2つあります。それはリスクを客観的確率と主観的確率から見たものです。 

 

第1のパターン 「勝ちの可能性」の確率が低い 

これは、1万円出して「2%の確率で100万円が手に入る(掛金の100倍)」(98%の確率で1万円の損失)というのがその例です。「勝ち」(利得)の確率が低いほど、「こんなはずはない、もっと勝てるだろう」と徐々に野心的になり、賭けを取り続けることになります。低い確率でもお金がある限り少額ずつでも注ぎ込んでいき、いつか掛け金は大きく膨らんでいます。いわば「現実(勝ち)の可能性の確率」(2%)と「主観の確率」(「もっと勝てるはず」)との間に大きなギャップが生じているのです。現実の可能性の確率はかなり低いのに、主観が大きすぎる場合です。

第2のパターン 「負けの実現性」の確率が高い

これは、1万円出して「98%の確率で手元の100万円を失う(101万円の損失)」(2%の確率で100万円手に入る)というものです。「負け」(損失)の確率が高くなるほど、この負けを覆そうとして狂乱的になり、「一か八か」の博打に出るのです(大金をはたく)。これは「現実(負け)の実現性の確率」(98%)と主観(「大逆転勝ちだ」)との間にやはり大きなギャップがあるからです。 

 

どちらのパターンも同じと思われるかもしれませんが、第1のパターンは、「勝ち」を逃しても損失は掛け金の1万円だけです(当たれば大きい)。第2のパターンは「負け」ると「1万円+100万円」の損失です(負ければ大きい)。 

 

人は、夢を見すぎて人生を破滅させることは滅多にありません。これは第1のパターンに当たります。獏(バク)のように夢を食らい続けて現実世界に対応できなくなり、生活を困窮させる人はいるでしょうが、本人は意外と平気なものです。そこには夢を見るという「慢性的な快楽」があるからです。

人が破滅するのは、「怖れ」にとり憑かれた時です。これは第2のパターンです。お金の価値観というのは、その人の資産状況にもよりますが、たとえ1万円の損失(あるいは負債)でも直接な心理的要因となってその人の生活感覚を脅かします。明日から地を這う破滅者になり下がるという「怖れ」の前に、人は追い詰められて大博打の行動をとるのです。
 

 

ただし、いきなりこんなギャンブルに出るわけではありません。そこに至るには、心理的段階があるのです。

a.
賭けが常習となる段階
最初は夢を買っていますが、それが常習化していきます。日常的になるわけですから、大きな金額は賭けません。1回の賭け(投資)がそこそこの額なら、負けてもその場で「怖れ」につながるものではありません。身を切るほどではないけれど、それなりに勝ち負け(儲けと損)のスリルを味わうことができます。

b.
「一か八か」の賭けに出る段階
 

日常的に株式投資をしている人が、損失が膨らんで取り返しのつかない金額になったとします。このままでは1000万円もの負けが決まるという時(負けの実現性が高い)、売却して損失を確定するか、「一か八か」で大逆転に出るか。むざむざ大損するくらいなら、とボーナスやら退職金、挙句は貯金をはたき出して数百万円単位の額で、すぐ儲かりそうなハイリスク商品に一点集中、一気に投資してしまいます。


では、ギャンブル的投資にハマらないようにするには、どうしたらいいでしょうか? それは、損得(勝ち負け)の「客観的確率」(損失)と「主観的確率」(挽回)との間のギャップを埋めるということです

その地点は、上記の第1のパターンから第2のパターンに移る中間段階です。この段階ではまだ、心理的な締め付けなしに常習的に賭けているわけです。まだ「怖れ」がそれほどないので、損が出てもリスクを無理に取ろうとしません。

この段階での損失が拡大し、もう取り返しがきかないという「怖れ」が出てくる第2のパターンの段階が訪れないうちに、何らかの決断をすることが肝心です。逆説的に、ギャンブルは少額で常習化している段階が一番怖いと言えます。ここで踏みとどまれないと、ギャンブル依存症になる可能性が高くなるからです。

TFICS ティーフィクス

 

お気軽にご相談ください

お問合せはこちらから

 

・個別相談 

・業務依頼

・ご質問

 等