生涯資金設計のためのパーソナルファイナンス

個人や家族の生活設計を考えたり、提案することを「パーソナルファイナンス」といいます。当事務所では、この手法を用いてお客様の問題をともに考え、解決していきます。

 

以下、その全体の概要とプロセスを簡単に説明していきます。  

 

 

1.パーソナルファイナンスって何?

パーソナルファイナンスとは、簡単に言えば、個人(家計)のファイナンス(資産形成)のことです。 

「個人及び家族が自らのライフプランによって『人生の幸福』を実現するために、長期間にわたるさまざまな人生の段階にそって、どのように収入を得て、リスク管理しながら資産形成し、子や孫の世代に継承していくか」(日本FP協会テキスト)をテーマとするファイナンスです。 

 

パーソナルファイナンスにおける個人(家族)の目的は、「人生の幸福」の最大化です。 

 

2.キャッシュフロー分析(収支の分析)

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

キャッシュフロー表とは、現状の家計の収支分析から将来30年~40年の収支と資産残高を見据えたお金の流れを現したものです。 

 

それをもとに家計を、年金・保険・投資・住宅・教育・医療・ローン・相続など、あらゆる面から分析し、対策を行います。 

 

解決プランが完成するまでは、このプロセスにおいて何回か見直すことになります。 

 

3.個人(家計)バランスシート分析(資産の分析)

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

2.のキャッシュフロー表では年次ごとの「収支」状況は把握できますが、現在時点での「資産」と「負債」の状況が分析しにくい欠点があります。証券の評価損益や負債・ローンがある家計では、問題点が発見しにくくなります。

 

個人バランスシートは、「総資産」=「負債+純資産」を左右対照にしたもので、「総資産-負債」がプラスであれば、家計は「純資産」、マイナスであれば「純負債」となります。純負債であれば、収支や資産・負債のバランスがとれていないことになります。 

 ※図は詳細項目を簡略化したイメージです。

4.老後必要資金の把握(運用目標の設定)

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

キャッシュフロー分析をもとにご本人からのヒアリングを通して、どれだけのリスクをとってどれくらいの運用でがきるかという運用目標を設定します。

 

実際には右図のようにキャッシュフロー分析により年齢ごとに必要資金を出して運用目標を立てることができます。最終的には個別のリタイアメントプランをもとに長期の「運用目標」と「運用方針」を決定していきます。

 

5.ポートフォリオ運用

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

運用目標が決まると、その目標設定に合わせた運用利回りやリスク度合いからポートフォリオを作成します。 

 

さまざまな商品カテゴリーから期待リターン、想定リスク、シャープレシオ(運用効率の目安)の組合せから、ご本人に最適なモデルポートフォリオをご提案します。

 

このポートフォリオは、過去20~30年間のアセットクラスのデータをもとにポートフォリオ理論によって構築されたものです。  

 

6.ポートフォリオの運用予測と運用管理

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

図は定年まで資金を運用し、定年後は運用しながら取り崩していく例です。提案ポートフォリオによる資産配分は、マーケット情勢やご本人のライフイベントの変化により、時間の経過とともに目標設定との乖離が生じます。

 

その乖離を解消するために、定期的な個別面談により適切に資産配分を調整し、配分見直しの提案をします。

 → 長生き時代のライフ&マネープラン

 → 老後資金のためのポートフォリオプラン

※ここに掲載した図表は、シミュレーションの前提となる条件が適正か、運用目標のリターン・リスクがその条件に最適かを問うものではなく、説明上1パターンを挙げたものです。

※ポートフォリオの予測数値は過去データをもとにしたもので、将来の損益を確定・約束するものではありません。

※特定の金融商品の販売、売買を推奨することはしていません。

 

TFICS ティーフィクス

 

お気軽にご相談ください

お問合せはこちらから

 

・個別相談 

・業務依頼

・ご質問

 等