図でわかる相続税の基本

■法定相続人の取り分

 

法定相続人が複数いるときは、財産の分け前の割合(相続分)が問題になります。 

この相続分についての基準を法定相続分といいます。法定相続分は、配偶者と血族相続の組合わせによって大枠が決まります。血族相続人が複数いるときは、その相続分を頭数で均等分割することになります。

 

. 配偶者と子が相続人の場合(第1順位)

 配偶者と子が全体の1/2ずつ相続します。子が複数いる場合は、子の相続分である1/2をもとに子の数で均分します。

①のように子が2人であれば、全体の1/2ずつを配偶者と子で分け、この1/2をさらに子2人で1/2ずつ分けますから、子1人の相続分は遺産総額の1/41/2×1/2)となります。

 胎児は民法上、相続の開始の時にまだ生まれていない場合でもすでに生まれたものとしてみなされ、1人分の相続権があります。ただし、死産であった場合は相続権がありません。

 

2.配偶者と直系尊属が相続人の場合(第2順位)

配偶者が2/3、直系尊属が1/3となります。直系尊属が複数いればこの1/3を人数で均分します。

②のように直系尊属が父母の2人であれば、直系尊属の相続分である1/31/2ずつ分けますから遺産総額の1/61/3×1/2)ずつとなります。

 直系尊属については、まず親等のいちばん近い父母が相続人になります。父母がいなければ祖父母が、次に曾祖父母というふうに遡っていきます。

 

3.配偶者と兄弟姉妹の場合(第3順位)

配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4です。兄弟姉妹が複数いるときはこの1/4を人数分で 均分します。

③のように兄弟姉妹が2人であれば、全体の1/41/2ずつ分けますから、遺産総額の1/81/4×1/2)ずつとなります。

子以外に兄弟姉妹にも代襲相続があります。この場合は被相続人の甥や姪で打ち止めになります。それより下に代襲が続くことはありません。

 

4.配偶者のみ、または血族相続人のみが相続人の場合

配偶者のみ、子のみ、直系尊属のみ、兄弟姉妹のみという場合は、相続財産のすべてがその相続人の相続分となります。相続人が複数いれば頭数で均分します。

 

 

TFICS ティーフィクス

FP&お金の教育

CFP ®講座のご案内

お気軽にご相談ください

お問合せはこちらから

 

・個別相談 

・講師

・執筆

・講座申込み

・ご質問

 等