住宅ローンの知識

(1) 借換えのポイント 

 公的融資での借換えはできないので、民間のローンを利用します。 

 同一の金融機関内での変動金利型から固定金利型、固定金利選択型への借換えは原則としてできません。 

 借換えは新規融資となるため、担保価値としては実勢価格の7080%が限度で、評価割れの場合は借換えができない場合があります。 

 借換えの目安は、次の通りとされています。 

 

a) 金利差1%以上

b) 残り返済期間10年以上

c) ローン残高500万円以上

   

(2) 借換えの費用 

借換えの費用には、次のものがあります。 

 印紙税(金銭消費貸借契約書ほかに貼付) 

 抵当権抹消費用及び新規融資に対する抵当権設定費用 

 司法書士手数料 

 保証料

 

 

 

 

 

TFICS ティーフィクス

FP&お金の教育

CFP ®講座のご案内

お気軽にご相談ください

お問合せはこちらから

 

・個別相談 

・講師

・執筆

・講座申込み

・ご質問

 等