人工乳房再建 アンジェリーナ、君もか? 

 アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリーが、乳がん予防のため乳腺切除の手術を受けたことを公表しました。母親もがん体質で、がん発生の高リスクを排除するためとか。どちらかというと肉体派女優のアンジェリーナですが、その誇る肉体、特に男性が魅力を感じるシンボルの乳房を切除するというのは、勇気のいったことだと思います。というより、女優生命にもかかわるのではないか、と心配してしまいます。

 

 もっとも、ハリウッドのトップ女優ですから、高額でも精巧・高度な手術で人工乳房の再建に踏み切れたのだと思います。アンジーの手術成功で、乳がん予防だけでなく、美容アップ(より形よく、より大きく)のために人工乳房を手に入れたいと思う女優が現れても不思議はありません。もともと、豊かで魅力ある乳房を持っていたアンジーが単に美容目的でないのは本人の公表どおり明らかなのですが、皮肉にもそれが美容整形として流行るようであれば、ちょっと複雑ではあります。

 

 じつはアンジェリーナの乳房再建が話題になったことと偶然にも時を同じくして日本では7月から、人工乳房による乳房再建手術に対して公的医療保険が適用されるようになりまし。これまで乳房再建というと、「自家再建」(患者自身の腹部の脂肪などを切除して移植して行う乳房再建)しか保険適用が認められず、人工乳房は保険適用外でした。ざっと、人工乳房だと100万円はかかります。これを自由診療で支払うのは、患者にはちょっと躊躇があったのです。(もっとも、民間保険では保険対象になるものもある。)

 

 念のため言っておくと、アンジェリーナのようにがん発見後による摘出ではなく、がん予防のための摘出による人工再建は公的保険が適用されません。アンジーのように、これからも肉体的魅力が求められる女優は、相当高額な手術費用がいったでしょうが、一般人はそうはいきません。

 

 日本で人工乳房を入れるとなると、そこそこは掛かったが、これも保険適用になり患者の負担は相当減ります。治療費の3割、しかも高額療養費が利用できるので実際は8~9万円ですみます。しかも今回、保険適用が認められたアメリカの医薬品メーカーは、これまで冷たくて違和感があると言われた人工乳房の質感を高め、形状や材質にまでこだわった新型の人工乳房を承認申請中だという。そうなると、一命をとりとめた女性が次に悩む乳房の問題は、費用の面でも質の面でも、だいぶ前向きにとらえることができそうです。

 

 乳房というのは、患者である女性だけの問題ではありません。夫がいれば、乳房を失った妻が不憫だし、小さな子がいれば、母親の体の形が変わってしまうのはその子にとってもショックでしょう(幼い子にそういうことまで告げるかということは別として)。

  

 確かに、美容のために顔や胸に異物を入れる整形はありますが、乳房再建は美容ではなく治療です。義手や義肢と同じで、喪われたものを人工的に復元するものです。もっとも、治療として必要な人工物が、質感も良くなり、しかも美容感覚で気軽に再建できるようになると、女性患者にはこれからもっと明るい未来が見えてくるような気がします。

 (2013.07.17)

TFICS ティーフィクス

 

お気軽にご相談ください

お問合せはこちらから

 

・個別相談 

・業務依頼

・ご質問

 等